ヘアチョークで簡単カラーチェンジ

靴や洋服に合わせてアクセサリー感覚でカラーチェンジできるのがヘアチョーク。

海外のモデルさんやミュージシャンなんかでヘアチョークでカラーチェンジしてるのを見たことがあるのでは?

あのアヴリル・ラヴィーンもヘアチョークの愛用者として有名です。

ヘアチョークは、脱色や通常のカラーリングと違い、地毛を傷めることなく簡単に髪の毛の色を変えられることで人気です。

日常使いにはもちろん、ダンスの発表会やイベントなどでも大活躍してくれますよ。

img59684157

用意するもの

  • 要らないタオルやケープ、新聞紙
  • ビニール手袋

ヘアチョークの使い方

  1. ケープやタオルなどを使って服にヘアチョークが付かないようにします。ショートの方は肩周りにタオルを巻くだけで大丈夫ですが、ミディアム〜ロングの方はケープなどで洋服を覆いましょう。捨ててもいいような洋服を着てやるのもいいです。
  2. ビニール手袋を着け、カラーリングをする部分を水で濡らします。霧吹きがあると便利です。
  3. 髪にヘアチョークを上から下に擦り付けカラーリングしていきます。
  4. カラーリングした部分をドライヤー、コテなどで熱を加えます。
  5. 仕上げにハードスプレーを吹き付けると色落ちしにくくなります。

なお、ヘアチョークは水に濡れると色落ちしてしまう恐れがあるので、雨の日は避けたほうが良さそうです。また、洋服や床に色が付くとなかなか落ちないので気をつけましょうね。


⇒ヘアチョークの通販サイト

エクステ(襟足ウィッグ)

エクステエクステは襟足ウィッグとも呼ばれています。エクステは髪の短い方でもロングヘアになれることでもはや定番のおしゃれアイテムになっています。また、髪の毛が少ない方もエクステでボリュームアップできるので、

エクステというと美容院に行って装着してもらうというイメージが強いですが、実はウィッグでも可能なのです。

美容院で装着してもらう場合、料金がかかるうえ、定期的なリペアが必要です。毎日のシャンプーのときも気を使いながら洗わなければいけません。その点、ウィッグは取ったり外したりが可能なので、美容院へ行く必要もリペアも必要ありません。もちろん美容院代もかかりません。

付け方はとっても簡単です。

  1. エクステを付けるところで地毛をブロッキングします
  2. エクステを引っ張ってたるまないようにしながらブロッキングした分け目に左右対称になるようにセットします
  3. クリップを地毛に差し込み、パチンとクリップを固定します
  4. 地毛のブロッキングを外してエクステと馴染ませて完成

エクステはまるで地毛のように編み込んだり結んだりできるので、アイデアとテクニック次第でいろいろなアレンジが楽しめますよ。

なお、エクステは1個付けより2個付けすると地毛に馴染みやすくなるうえ、毛先にボリュームが出るのでより自然でキレイに見えますよ。

エクステは1個千円くらいで買えちゃうので、フルウィッグにはちょっとまだ抵抗が・・・という方はエクステから始めてみてもいいかもしれません。

お団子ウィッグ

お団子ウィッグ女子のヘアアレンジの中でもすっかり定番になっているのがお団子ヘア。

ただ、お団子ヘアって意外と難しいんですよね。大量のスタイリング剤と逆毛で髪の毛もかなり痛むし・・・・

お団子ヘアが好きな女子にオススメなのがお団子ウィッグ。

ウィッグなら髪が痛むことはないし、あっという間に可愛いお団子ヘアが出来ちゃいます。

お団子ウィッグには、小さめのものから大きいもの、カールの付いたものやボリューミーなものまで、いろいろな種類が揃っています。

お団子ウィッグの付け方は、地毛をひとつにまとめて小さいお団子にしお団子ウィッグをコームで固定してウィッグの紐を巻き付けるだけととっても簡単。不器用な方でも大丈夫ですよ。アクセサリー次第で普段使いにもパーティーヘアにも変身できちゃいます。

普段用としてはもちろん、浴衣ヘアとしても使えますよ。お団子ウィッグを付けて、大きめヘアアクセを付ければ、あっという間に浴衣にも合うヘアスタイルが完成。アクセは浴衣の色に合わせた物を付けると統一感が出て素敵ですよ。

アレンジ次第で大人っぽくもなるし可愛らしくもなるお団子ウィッグ。フルウィッグやハーフウィッグはちょっと抵抗が・・・という方はまずお団子ウィッグなどのポイントウィッグから始めてみるといいかもしれませんよ。